大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

面接の後でお礼状を出すって義務なの?!

   

 緊張しまくりだった面接もやっと終了、あとは結果を待つだけ・・・そんな時に、いちいち直筆でお礼状まで書いて出さないといけないの?!と聞くとうんざりしてしまう大学中退の就職希望者もいるかもしれまません。

 しかし面接の終了後にお礼状を書いて出すのは、実際に効果があるのに、95%以上の就職希望者がやっていない対策であるとも言われています。もちろん“お礼状を出しても出さなくても、採否には関係ありません”と書いてあるマニュアルを読んだ人もいるでしょう。しかし・・・本当は効果があるのです。

面接が終了した直後に出すのがコツ!

 お礼状は面接が終了した直後に出さないと効果が半減します。採用担当が採否を決定する前に採用担当の手元に届くのがベストなのです。ですから“翌日に出せばいいや・・・”ではあまり意味がありません。

 面接の際にもらった名刺に書いてあるメールアドレスにメールでお礼状を送る・・・でも不可です。お礼状は直筆で感謝の気持ちを込めて書いたほうが効果が高いです。文具屋で高級和紙のはがきを買ってきましょう。

あくまで面接をしていただいた感謝の気持ちを第一に伝えよう!

 面接をしていただいたことへのお礼の気持ちを強調した上で、御社に行ってみてあらためて入社の意欲がわいてきた、入社できたらこういう素晴らしい環境で働ける、入社したらこういう風に活躍してみたい・・・という入社後の成長が期待できるような前向きな文章が望ましいでしょう。

 お礼状ですが、万年筆か黒ボールペンなどで心をこめて記入していきます。採用担当が採否を決定するタイミングより先に届くのが理想ですが速達にまではしなくてもよいでしょう。

 - 面接対策

  関連記事

no image
大学中退者が語る志望動機の内容は
大学中退をカバーするために面接でアピールするべきことは?
就職後のことも見据え、面接時にはこんなことを確認しておきましょう
no image
長所と短所を答える時には
no image
面接に挑む前に服装は大丈夫か