大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

応募書類を送る時に気をつけること

   

書類はしっかりと入れているか

 応募書類を全て作成し終わったら封筒に入れて郵送するだけになりますが、この郵送する時も色々と気をつけなければならないことがあります。

 そうでなければ選考書類として書類を書いたのに見られずに終わり…ということもありえる話です。大学中退者は不利な面もあるのでこの応募書類を郵送する際の気配りにも気を使って他の人との差を埋めるようにしなければいけません。

 まずは応募書類を入れる件に関してはまだ就職段階なので職務経歴書は必要ありません。なのでそれと同時に添え状も必要ないので履歴書だけを入れるだけでいいです。

 ただ、この履歴書を入れる際にもサイズに余裕がある封筒に入れましょう。そうでないと出す時に苦労するからです。

 実際に何か出そうとした時中々出なくてイライラした記憶はないでしょうか?それを郵送先の企業に味あわせることになります。当然そうなれば印象がどうなるかは想像に難くないことです。

 そして履歴書を入れるのなら1回折っただけで入れられる封筒に入れましょう。あまり折り目がつきすぎると見難くなってしまい、当然それは見る気を削ぐものとなってしまいます。

封筒の記載は大丈夫か

 無事に入れたら今度は応募する企業に送れるよう封筒に必要な情報を書くことになります。

 郵送先の住所と企業と担当者の名前、そして自分の名前と住所を書くことになります。書き方としては普通にハガキを書くのと変わりませんが、略称は使わずに書いていきましょう。

 もちろんミスをしたら修正はできません、また一から別の封筒でやり直しとなります。大学中退者となれば封筒代の費用も地味に痛手となりやすいので、封筒に直接書く前に別のメモに書いておいて間違えないようにしておいた方がいいでしょう。

おすすめ記事

 - 履歴書の基本

  関連記事

アルバイトが職歴になるかどうかの判断に迷ったら読んでください
no image
やる気を表現するためのポイントと避けるべきアピールの仕方
no image
履歴書の基本「趣味・特技欄」を使ってアピールしよう!
no image
大学中退者が履歴書に学歴を書く時は
no image
市販の履歴書の選び方と学歴、職歴、資格の書き方
履歴書の資格欄に書ける資格がない場合はどうすればいいのか
no image
大学中退後の空白期間を説明するコツとは?
書類選考が通らない人のための書類の書き方テクニック
no image
履歴書での本人希望欄はどう書くべきか