大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

履歴書の基本「趣味・特技欄」を使ってアピールしよう!

   

「趣味・特技」欄を使って自己アピールしよう

 大学中退の男女が正社員を目指して就職しようと考えたときに、履歴書の書き方でとまどう人も多いのではないでしょうか。履歴書には「趣味・特技」欄がありますから、ここを空欄にすることは絶対に避けて、自分がやる気があることをアピールしましょう。

 たとえば自分の趣味がパソコンを使う作業であればそういうIT系のスキルは高く評価してくれる会社が多いので、自分が使えるソフトや出来ることを詳細に記入します。事務系の仕事にエントリーする際にはそういう他の人たちより高いITスキルを持っていることが伝わると面接の時の質疑応答も盛り上がるでしょう。

 自分の「特技」ですが、学生時代に体育会系のクラブに入っていた人はそれを記入しましょう。クラブ活動を通して、協調性や一つの目標達成に向かって皆で頑張ったとか、マネージャーや部長として部員をまとめた経験・・・などがあれば大きなセールスポイントになります。

「健康状態・性格」欄の書き方とは

 履歴書の「健康状態」の欄ですが、応募しようとする会社の業務をこなすのに余裕が感じられるほどには元気である・・・という点が相手に伝わるような書き方が望ましいです。

 健康で体力がある人なら、残業だってバリバリこなせるくらい強いことが伝わると採用の可能性が高くなります。

 しかし現在通院中で、その病気の内容が応募する会社の仕事に影響があると思われるときは正直に書くことが大切です。病気なのに健康ですと偽って入社しても、会社に大迷惑をかけてしまいます。

 「性格」欄があれば、会社の集団生活に問題がない程度には明朗で協調性があることを記入しましょう。嘘を書くのは良くありませんが、個人主義的・自己中心的な人だと思われることは損です。

おわりに

 今は人材市場は日に日に売り手市場に傾いていて、大学中退の男女であっても、若い人であれば引く手あまたでしょうし、中高年の男女にとっても、採用の門戸は以前に比べてずっと拡大しつつあります。

 大学中退から正社員を目指す人には千載一遇のチャンスかもしれません。転職の成功・不成功はタイミングも大きいので、売り手市場の今は絶好のタイミングなのです。

 - 履歴書の基本

  関連記事

履歴書の資格欄に書ける資格がない場合はどうすればいいのか
no image
市販の履歴書の選び方と学歴、職歴、資格の書き方
no image
大学中退後の空白期間を説明するコツとは?
書類選考が通らない人のための書類の書き方テクニック
no image
やる気を表現するためのポイントと避けるべきアピールの仕方
no image
応募書類を送る時に気をつけること
no image
大学中退者が履歴書に学歴を書く時は
no image
履歴書での本人希望欄はどう書くべきか
アルバイトが職歴になるかどうかの判断に迷ったら読んでください