大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

履歴書での本人希望欄はどう書くべきか

   

希望欄には何を書くか

 本人希望欄は履歴書の中で最も書くことに悩む欄になっている人もいるでしょう。

 実際に自分のことだけを考えた希望をすると相手からの印象が悪くなり、それが致命的となって選考から外されることもあるので、どこまでが自己的な希望になってしまうのかと考える方もいるでしょう。

 自己的な希望というのは「相手のことを考えていない希望」のことになります。よって企業のことを理解していないと高確率で自己的な希望を書いてしまうことになるでしょう。

 それを考えれば本人希望欄もまた志望動機と同じく企業研究をすることで書くことができる欄となります。逆にここで仕事に関しての要望を書けば企業の調査をしてきたアピールにもなるので、そこを考えて書くのもいいでしょう。

無理に書かないでおくのも手

 余計なことを書けば不利になるのであれば希望は何も書かずに、規定に従うという趣旨のことを書いておきましょう。

 プラスにもなりませんがマイナスにもならないので、何か希望のことを考えて相手の印象を悪くする可能性が高いと判断したのならこちらの何も書かないを選びましょう。

 大学中退となると自分の希望を通すのはかなり難しいことになります。だからこそこれを書いて希望をするぐらいであるのなら、自分に合った求人を選んで書かないで済んだ方がいいということもあるのです。

おすすめ記事

 - 履歴書の基本

  関連記事

no image
大学中退後の空白期間を説明するコツとは?
no image
履歴書の基本「趣味・特技欄」を使ってアピールしよう!
no image
市販の履歴書の選び方と学歴、職歴、資格の書き方
no image
応募書類を送る時に気をつけること
no image
大学中退者が履歴書に学歴を書く時は
no image
やる気を表現するためのポイントと避けるべきアピールの仕方
アルバイトが職歴になるかどうかの判断に迷ったら読んでください
履歴書の資格欄に書ける資格がない場合はどうすればいいのか
書類選考が通らない人のための書類の書き方テクニック