大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

就職後のことも見据え、面接時にはこんなことを確認しておきましょう

   

その仕事を続ける上で必要な資質

 どんな仕事にも“資質”というものが必要です。しかし、その資質は職種ごとに違い、まだ就職経験がない人にはそれすらも掴むことが難しいのではないでしょうか。

 面接を受けた時は、その職種についての知識を持つ人と接することができる絶好のチャンス。その仕事を続けていく上で必要となる資質は何なのかを尋ねておきましょう。

 入社したいという思いで面接を受けるとは思いますが、そこで、「自分には合っていないかもしれない」と気づくことができれば、むしろ有意義なことのはず。就職後にそれを知ったのでは少し遅いですから、早めに知っておくためにも面接時に確認しておいた方がいいのです。

入社時期にかかわらず昇進できる可能性

 上でも触れたように、面接時は聞きにくいことや知っておくべきことを思い切って尋ね確認しておくチャンスです。

 入社時期によって昇進や任されるポジションが変わるのか、ということについて尋ねてみてください。この質問の答えを受け取った時、もし昇進や任されるポジションに入社時期は影響しないといったことがハッキリとすれば学歴もさほど影響しないことになり、大学を中退している人でも重要な役割やポジションを獲得できる可能性があるということになるはずです。

 ただ、面接官がとりあえずそう言っているかもしれないことも考え、具体的に過去にどういった例があるのかを尋ねてみると、よりハッキリと見えてくるかもしれません。

研修・試用期間の具体的な中身

 就職する人にとって聞かずにはいられないのが、研修制度や試用期間制度についてです。

 求人にはざっと書いてあるかもしれません。書いていない場合は絶対に面接時に確認しておきたいですし、書いてあったとしても細かいところまでの記載はないでしょうから、期間や給料、保険等の扱いについては事前に聞いておくべきでしょう。

 その期間が過ぎれば研修期間や試用期間が終了となるのか、それとも何かを身につけたら終了になるのか、ここも企業ごとに違います。確認しておくことでその会社が怪しいかどうかもわかることがありますから、そういった意味でも尋ねておく価値のある事柄となるのではないでしょうか。

 - 面接対策

  関連記事

no image
大学中退者が語る志望動機の内容は
no image
面接に挑む前に服装は大丈夫か
大学中退をカバーするために面接でアピールするべきことは?
面接の後でお礼状を出すって義務なの?!
no image
長所と短所を答える時には