大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

安定性をあてにするな!企業選びのポイント

      2016/03/09

企業選びポイント

企業選びのポイントとは?

大学中退という世間的にはハンデを負っての就職活動だからこそ、企業選びは失敗したくないと思いますよね。では、企業選びのポイントは何かあるのでしょうか。

まず、応募の前にチェックしておきたいのが、ブラック企業であるかないかです。社員の在職期間が短かったり、離職率が高い、社員数に対して採用人数が多い、常に求人を出し続けているといった企業は、ブラック企業であったり問題がある可能性が高いです。そうした情報は、インターネットでも検索可能なので、必ずチェックするようにしましょう。

会社の安定性をあてにしない!

とはいえ、大学中退者はいわゆる大手企業の新卒採用枠に応募できるわけではありません。また、大手企業であっても、定年まで勤め上げることができる世の中でもありません。

求人を探すときには会社の安定性をあてにするのではなく、そこで自分がどんな専門スキルを身につけ、将来に備えることができるのかという観点で、仕事探しをすることをおすすめします。

譲れない条件の絞込について

就職するにあたって、自分が譲れない条件を絞り込むのも大切なことです。

企業や採用後の働き方に関しては、不法行為を行っていない限り、どこが良くてどこが悪いかは主観によるものです。希望の業界や職種、社内での研修制度の充実など、自分なりに譲れない条件にはどんなことがあるのかをまず書き出してみましょう。

残業や休日出勤が少ないところ、ノルマが厳しくないところなど、自分本位の条件で選別しようとすると、それらの条件を満たす企業そのものがなかったり、高望みのしすぎていつまでも内定できないこともあります。
新入社員は半人前以下ですから、一人前になるための努力の過程で楽をすると、その後の転職に支障をきたすケースがほとんどです。すでに中退というハンデを抱えている分、あまり甘い条件付けは避けたほうがよいでしょう。

正社員就職を目指すなら

正社員就職を目指すなら、「物事を途中で投げ出した」という、採用担当者の先入観を払拭する必要があります。大学中退の理由と働くことへの意欲、そのためにどんな努力をしているかをきちんと語れるように準備しましょう。

また、新卒のほとんどが就活で苦戦を強いられる時代です。人材紹介会社やハローワークなどのプロのサポートも、積極的に活用しましょう。

 - 求人探しのコツ

  関連記事

良い求人を見つけて行動を考える
中退したらどこから求人を探すべき?
大学中退者でも人材紹介会社を利用しても良い?
大学中退者だからこそ悪い求人に気をつける
大学中退後に資格を取ると就活で有利になる?
大学中退者が求人を探す際に使うべき媒体は
会社四季報を活用しよう!企業の今後を予測するには