大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

大学中退者だからこそ悪い求人に気をつける

      2016/03/09

悪い求人

悪い求人に引っかからないように

大学中退者となると早めに就職して仕事をしたいと考える人もいるでしょう。しかしそういう方こそ求人を隅々まで見ずに一部の情報だけを見て応募してしまうという方も多いです。

焦ると周りが見えなくなるといわれますが正にそれだと言えましょう。これは自己分析をし目的を持って行動をしたとしても同じことです。

やはり学生でもなく社会人でもないので「早く就職しないと」という考えからそれに引っかかってしまうのです。

ブラックに引っかかることはいけませんが、ブラックでなくても求人としては明らかにおかしいものというのはあります、そのようなところに引っかかると後悔する可能性が高いので、判断して回避するようにしなければいけません

どんな求人が悪いのか

雇用する際の条件が緩い場合には気をつけましょう。そうしたところは誰でもいいので「使い捨て」ができる人間を求めているからです。特に離職率が高いところなら確定といってもいいでしょう。

また書かれている情報が分散されている場合にもやめた方がいいでしょう。特に給料系統は一見高く見えても他のを合計して高く見せているということがよくあるのです。またそうでなくても求人情報から読み取れる情報があまりにも少ないところも駄目です。

というのも求人情報が少ないということは、どういう人間を求めているか定まっていない=企業としての経営方針が定まっていない=将来傾く恐れがある、ということを考えることができるからです。

おすすめ記事

 - 求人探しのコツ

  関連記事

大学中退者が求人を探す際に使うべき媒体は
大学中退者でも人材紹介会社を利用しても良い?
会社四季報を活用しよう!企業の今後を予測するには
安定性をあてにするな!企業選びのポイント
良い求人を見つけて行動を考える
大学中退後に資格を取ると就活で有利になる?
中退したらどこから求人を探すべき?