大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

大学中退後は資格を取った方が良いのでしょうか。

      2016/09/01

大学を無事に卒業すると、何かしらの資格を得ている場合が多いですよね。
しかし大学を中退してしまえば、なんの資格も持っていない状態である場合が多いでしょう。

そうなると、就職活動をしていくうえで、資格があった方が良いのかどうかと悩んでしまうところです。
それでは、資格は取得した方が良いのかどうか、ご説明します。

やはり就職先によっては、資格があれば有利になる企業はあります。

またもちろん、資格があることが受験条件という企業もあります。
自分が就職したい企業や、方向性が決まっているのであれば、大学中退後に取れる資格は取っておくことをおすすめします。

資格があることで、それだけの能力があるということの証明になります。

またそれだけではなく、大学中退後の空白期間は資格を取るために使っていたと思ってもらうことができるのです。
大学中退後の空白期間を有効に使っていれば、中退したことへの悪いイメージを払拭することができますよ。

大学中退後に少しでも早く就職したい、という気持ちがある場合もあると思います。
資格を取る時間の余裕などない、という場合です。

この場合も、就職活動と並行して資格を取る勉強をしてみましょう。
そうすることで、面接の時でも、「今、○○の資格を取得するために勉強中です。」と言うことができますよね。

資格はまだ持っていなくてもいずれ持つことになるのであれば、何もしていない人よりもそれだけ点数は上がるものなのです。

大卒で資格がない人よりも、大学中退者で資格がある人を採用する企業も多いはずです。
社会は学歴よりも能力が大切になってくるのです。

とはいっても、大卒で資格がない人と、大学中退者で資格がない人であれば、よっぽど際立ったアピールポイントがなければ、前者を採用するでしょう。

つまり、大卒と差をつけるためにも、資格を取得することは、就職活動に大いに役立つのです。

就職したい方向がはっきり決まっているのであれば、是非資格を取得する道を考えてみてくださいね。

 - 就職コラム

  関連記事

no image
大学中退したからと人生が終わるわけではない
大学中退者だからこそできることとは何か?
大学中退後の就職活動の方法はどのようなものがあるのでしょうか。
こんな生活を送っているとどんどんネガティブになる!大学中退者がしてはいけない行動とは?!
no image
大学中退後にアルバイトだけで生活していくことについて
no image
職場は自分の居場所|必ず相性が良い会社はあると決めて動く。
no image
社会人には体力も必要
no image
20代の就職も海外での勤務が当たり前の時代
就職者・転職者にオススメする、社内営業の極意
no image
博士課程からの就職で大切なことは何か?