大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

大学中退後の空白期間を説明するコツとは?

   

大学中退後の空白期間を説明するコツとは?

 大学中退後、すぐに就職活動を始めたからと言って、簡単に内定が出るとは限りません。そして、時間の経過に伴って、履歴書のブランク期間が長くなればなるほど、就職活動で不利に働いてしまうという現実があります。

 では、応募書類や面接などで、履歴書の空白期間を説明するには、どうしたらよいのでしょうか?

①明確な理由がある場合

 大学中退者の中でも、空白期間があることに、明確な理由があるひとも多いことでしょう。その場合は、正直にそれを伝えるのがベストです。

 「視野を広げるために長期の旅行に出かけていました」「就職に役立つ資格を取得するために、スクールに通っていました」など、きちんと具体的な理由を述べるのです。その際、そうした経験で自分が何を得たのかを伝えると、より心証が良くなるはずです。

②パートやアルバイトとして働いている場合

 生活費を稼ぐなどの理由で、パートやアルバイトとして働いている場合は、それを職歴として記載することで、空白期間をなくすことができます。ただし、短期間のアルバイトを転々としているのは職歴とみなされないので、派遣社員として職場が短期で変わる場合を除いては、書きこまない方が無難でしょう。

③明確な理由がない場合

 就職活動を行っていても、なかなか内定せずに空白期間が延びてしまっている場合は、説明のしようがないと諦めていませんか?その場合、その空白期間で何を考え、今回の応募に至ったのかをアピールすることをおすすめします。企業の採用担当者にとって、大学中退者というのは、「物事を途中で投げ出したひと」という印象を抱くことが多いものです。

 その現実を変えることも、詐称することもできませんが、「大学を中退したという経験を反省し、就職では同じことをくり返さないように、自分が意欲的に働ける仕事や職場を探していて、御社の求人に応募することにしました」と、ネガティブな状況をポジティブな理由に転換することはできます。

 仕事や働くことへの意欲が強まっていること、採用後は一日も早く戦力として貢献できるよう、何事にも積極的に取り組みたいという熱意を、企業の採用担当者にアピールしてください。大学中退者の採否の決め手は、意欲と将来のポテンシャルなのですから。

 - 履歴書の基本

  関連記事

アルバイトが職歴になるかどうかの判断に迷ったら読んでください
no image
やる気を表現するためのポイントと避けるべきアピールの仕方
no image
応募書類を送る時に気をつけること
履歴書の資格欄に書ける資格がない場合はどうすればいいのか
書類選考が通らない人のための書類の書き方テクニック
no image
履歴書の基本「趣味・特技欄」を使ってアピールしよう!
no image
市販の履歴書の選び方と学歴、職歴、資格の書き方
no image
大学中退者が履歴書に学歴を書く時は
no image
履歴書での本人希望欄はどう書くべきか