大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

大学中退からの就職手順

大学中退からの就職手順

理由は様々ではありますが、卒業までいけずに大学を中退してしまったという方もいるでしょう。中退ということは卒業にはならないために卒業している方に比べると就職が不利になるのは容易に想像できることです。ではそんな大学中退で就職したい方はどのように就職活動を進めていけばいいのでしょうか。


就職準備はしっかり

大学中退からの就職手順01
大学中退したとなれば時間が経てば経つほど就職においては不利となります。自己分析から就職状況等を確認する必要があるのですが、それらの準備が終わったらすぐに活動を開始した方がいいです。もちろん準備も適当にしては就職できる確率も下がってしまうので、迅速にする必要はありますが、使える物は何でも利用して効率よく分析と情報収集をしましょう。

【おすすめ記事】
大学中退者の就職活動は目的を持つことから始める
大学中退者の市場価値とは
大学中退者が就職活動をするタイミングは
上がり症で困っている人のためのヒント


求人情報を効率的に探そう

大学中退からの就職手順02
大学中退となれば大手を目指すのは難しいことになります。もちろん大手でも無理ということではありませんが、集めるのなら中小企業を中心にして集めましょう。中小企業となると大手に比べると経営面では不安定になるので、長く働くことができるかどうかという部分を調べるのが一番のポイントとなります。

【おすすめ記事】
中退したらどこから求人を探すべき?
安定性をあてにするな!企業選びのポイント
会社四季報を活用しよう!
大学中退者でも人材紹介会社を利用しても良い?
大学中退後に資格を取ると就活で有利になる?
大学中退者が求人を探す際に使うべき媒体は
大学中退者だからこそ悪い求人に気をつける
良い求人を見つけて行動を考える


履歴書対策

大学中退からの就職手順03
学歴はどうしても不利になってしまうので他の部分、資格や特技・趣味といったところをアピールするしかありません。志望動機もありきたりなものではなく、自分なりにその会社で働きたいという理由を書きましょう。またアルバイトをしていた場合には、そのアルバイト歴も職歴の欄に書いておくのがいいです。

【おすすめ記事】
市販の履歴書の選び方と書き方
「趣味・特技欄」を使ってアピールしよう!
やる気を表現するためのポイント
大学中退後の空白期間を説明するコツとは?
応募書類を送る時に気をつけること
大学中退者が履歴書に学歴を書く時は
履歴書での本人希望欄はどう書くべきか
アルバイトが職歴になるかどうかの判断に迷ったら読んでください
履歴書の資格欄に書ける資格がない場合どうすればいいのか


面接対策

大学中退からの就職手順04
大学中退となれば必ず何故中退したのかという理由を聞かれることになります。嘘を言うのはいいことではないのですが、だからといって直接そのまま言っても不利になってしまう理由があります。体調の関係で、意欲がなくなったから、人間関係で…こうした理由はマイナスになってしまう可能性があるので、自分なりに言葉を変えて述べましょう

【おすすめ記事】
インターネット応募と郵送応募のポイント
長い無い話しはマイナス評価
面接での定番の質問とNG質問
面接で第一印象は何を見られている?印象アップのコツとは
大学中退の理由にふさわしくない説明とは?
大学中退者が語る志望動機の内容は
面接に挑む前に服装は大丈夫か
長所と短所を答える時には
面接の後でお礼状を出すって義務なの?!
就職後のことも見据え、面接時にはこんなことを確認しておきましょう


入社準備もしっかり

大学中退からの就職手順05
まず複数で面接して採用をもらっていた場合には、それらの会社へと断りの連絡を入れる必要があります。もちろんこの際には無礼なことにならないように丁寧に断りの返事を入れましょう。持っていくものが提示されるはずなので、それらも会社側の説明をよく聞いて入社前に間に合うように余裕を持って用意しましょう

【おすすめ記事】
入社の時の自己紹介はどう話すか
入社契約書で見るべきポイントは
業界予習はどう進めていくか
試用期間であると言われた人の心得とは?!
ビジネスメールを作成・送信する時の注意点

公開日:
最終更新日:2016/03/24