大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

入社の時の自己紹介はどう話すか

      2016/02/17

ネガティブな話題は避ける

 入社をするとなるとその際に自己紹介をすることになります。自己紹介では自分の名前から趣味やできることを話していくことになりますが、ここで人によっては学歴を触れることにもなるでしょう。

 そうなると大学中退者の場合には「大学を中退した」ということに触れなければならなくなりますが、自己紹介の時にはできるだけこの話題には触れないようにした方がいいでしょう。

 何故ならそれを言うと自分自身の気持ちも暗くなって全体的に内容がネガティブな方面に行きやすくなってしまうからです。
 とにかく前向きな内容になるようにしましょう。確かに大学中退者であるかもしれませんが、入社するのならもうそうした学歴の立場というのは関係がなくなるのですから。

どのように構成していくか

 自分の自己紹介なのでその内容は完全に自分の自由となります。ただ、あまり短いと印象が薄くなり、逆に長いと社員から鬱陶しく思われることになるので、長さには気をつけたいところ。

 よって内容を考えた後は自分なりに読んでいって「少し長いかな」という印象を持ったのなら短くして、「これじゃ短いかな」と思ったら長くするようにしましょう。
 もちろん中身がないのでは話にならないので、その際には趣味や特技の他に何かしらの体験談も含めると面接中にも採用担当者にそれに触れてもらうことができ、いい話のタネになる可能性があります。

具体的な構成と時間

 もう少し具体的に面接時の自己紹介の構成について考えてみましょう。

 ・名前
 これは当たり前ですが、一番最初に言わなければいけません。同時に、現在の年齢も伝えておきましょう。

 ・学歴
 これは触れたくないことですし、できれば触れないようにと言いましたが、構成上言わなければいけないと感じれば、無理に隠す必要はないでしょう。履歴書を見ればわかることですし、頑なに言うのを避ける方がむしろ不自然です。
 大学を中退してしまった理由をネガティブなものにしなければ大分印象は変わるので、ここを工夫して伝えるようにしてください。

 ・学生時代の経験
 ボランティア活動や留学の経験、アルバイト経験や、中退してしまったけれども大学で何を学んだのか、あるいは取得している資格や個人で勉強したことを自己紹介に盛り込んでいきます。

 ・応募した理由を簡単に
 志望動機は面接の中で別個に聞かれるかもしれません。しかし、自己紹介の中でも簡単に応募した理由に触れておきましょう。
 そのあとに、「宜しくお願いします」という言葉を添え、自己紹介を締めます。

 時間は自己紹介全体で1分くらいがいいでしょうか。長くても2分以内に収めたいところですし、30秒にも満たないと少し短いという印象を与えてしまうので、やはり1分前後でまとめた方がいいでしょう。

おすすめ記事

 - 入社準備

  関連記事

no image
入社契約書で見るべきポイントは
試用期間であると言われた人の心得とは?!
ビジネスメールを作成・送信する時の注意点
no image
業界予習はどう進めていくか