大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

応募の基本!インターネット応募と郵送応募のポイント

      2016/03/09

インターネット応募と郵送応募

インターネット応募のポイントとは?

大学中退者が、新卒者や転職組と一緒に就職戦線を戦おうと思うなら、応募のときに細心の注意を払うことが不可欠です。インターネット応募のポイントとしては、フォームの入力時間が2時間以内というところが多いので、企業研究をしたうえで、きちんと下書きを作って入力することがあげられます。

また、採用枠に多数の応募者が殺到した場合、企業の採用担当者は情報を検索し、ふるいをかけます。入力必須となっている項目だけでなく、自由記入欄であっても、必ず入力をするように心がけましょう。

さらに、セレクトボックスやチェックボタン式のフォームで「学歴」を入力するときには、最終学歴が「高卒」となってしまうので注意が必要です。自由記入欄に「大学中退」であることと、その理由を説明することを、忘れないようにしましょう

郵送応募のポイントとは?

大学中退者が郵送応募をする際にも、気を付けたいポイントがあります。まず、履歴書は市販のもので構わないですが、職歴がない場合は新卒者用のものを用意し、マナーを守って記入すること。
次に、パートやアルバイト、派遣社員、ボランティアなどの経験があるようなら、職歴として履歴書に記載すること。履歴書のほかに自己PR文をつけること。そして、第一印象がよいと感じられる写真を添付することなどです。

募集人員に対し、多数の応募があった場合、企業の採用担当者はすべての書類に丹念に目を通すわけではありません。履歴書が手書きで、マナーを守って丁寧に書かれているかどうか、証明写真の印象がよいかどうか、自己PR文を読んで会ってみたいと思うかで、書類選考を通過するかどうかが決まります。

十分に配慮しましょう。

応募で心がけるべきこと

大学中退者が応募書類を提出するときに必ず守ってほしいのが、履歴書や自己PR文は使いまわさず、応募企業ごとに用意することです。

企業によって求める人物像や職種は異なるはずですから、一般的な内容では書類選考を通過しません。

また、もし書類選考で落ちて、履歴書が返送されてきたら、必ずそれを読み返し、不備がなかったかどうか、振り返ってください。

そうした反省と改善が、次の応募につながります。必ず習慣にしましょう。

 - 応募~面接の基本

  関連記事

ダラダラと長い無い話しはマイナス評価
大学中退の理由にふさわしくない説明とは?
面接で第一印象は何を見られている?印象アップのコツとは
面接での定番の質問とNG質問とは