大学中退からの就職テクニック|抑えておきたいポイント集

*

「転職活動は自分を見つめるチャンス!!」

   

~マイプランを作って転職活動を成功に導こう~

リード:今も就職活動は厳しいですが、一時期のようなひどい就職難とまではいかず、有効求人倍率は上昇傾向にあります。

下のグラフを見て頂いて分かるように、月間有効求職者数に対して、月間有効求人数の方が高くなっています。求人が多いなら、「受けたら受かるだろう。」「第1希望に落ちても、2~3社受けたらどこかに採用決まるだろう。」なんて鷹を括っている、そこのあなた。

それはとても甘い考えです。この有効求人倍率には秘密があるのです。

<有効求人倍率の秘密>

 平成28年4月の有効求人倍率は1.34倍です。
この数字は全ての職種においての有効求人倍率であり、正社員だけでなく派遣社員や契約社員も含めた数字なのです。

つまり、職種を選ばずに、雇用形態も特に気にしなければすぐにでも就職できるということです。

しかし、今この記事を呼んでいる方は「どんな仕事でも就職できたら良い。」というわけではないと思います。
きっと、自分のやりたい仕事をする為に転職を決めたはずです。

もう一度、上の図を見て下さい。あなたが、転職を希望している企業はこのグラフ通りではなく、上の図とは逆に、求職者数の方が求人数よりもはるかに高いはずです。
なぜなら、あなたが就職したいと思うほど素敵な求人票なら、みんなも同じように行きたいと思っているからです。

求人票を見て多くの人が注目するのは、仕事内容の次に給料・賞与・年間休日日数の項目です。
さらに福利厚生が充実している企業だと大人気求人になって応募者が殺到します。転職者の求人なんて1人~数人の募集がほとんど。

そんな限られた採用枠に対して100人以上の応募者なんてことが普通に起こりえます。大企業ともなると、もっとたくさんの応募者が集まってくるでしょう。

あなたは、そんな狭き門をくぐっていかなければならないのです。

<どんなところに就職したい?>

「やっぱり、転職辞めようかな…。」と思ったかもしれません。
私が述べたのは、希望の職種で好条件のところに就職したい場合です。

希望の職種に就くことを第一優先に考えているなら、何か1つでも良いから条件をなくすことができるたら、選べる企業が増えます。

選択肢が増えると、今まで検索対象から外れていた企業に目を向けることができるでしょう。
給料は高くないが休日は多い求人、休日は少ないが賞与ありの求人等は、とても好条件の求人と比べると、応募者もだいぶ減るので倍率も下がります。

また、仕事内容の幅を広げて、好条件の求人票を探す方法もあるでしょう。
自分のやりたい仕事をすることが転職の動機になる人もいれば、趣味の為、家族の為に給料が良くて休みの多い仕事に就くことが目標の人もいます。

少しでも好条件の求人を狙っているならば、仕事内容は自分のできる仕事で、納得できるものだったらとりあえず応募してみる(例:事務職希望だが、営業や販売接客業務送も含まれる等)と良いと思います。

事務職はとても人気のある職種ですが、仕事内容の幅が広い、条件があまり良くないと倍率も下がるので、事務職希望の方は、仕事内容を優先するのか、条件を優先するのか、転職活動をする前に考えてみて下さい。

<転職への道しるべ。マイプランを作って見よう!>

求人票を見ていると、だんだん「もっといい条件のところがあるのでは。」と思うようになり、どんどん求める物が多くなってきて、自分の進みたい道を見失う人がいます。   

そうならない為にも、まず自分の叶えたい目標を決めます。
次に「給料の良い会社に入ってマイホームを建てたい。」「自分のやりたいことを仕事にしてバリバリ働きたい。」等、転職して自分がどうなりたいのか考えてください。

そして、その目標を実現する為に自分がどう行動したら良いか思いつく限り書いてみて下さい。
「今すぐ、転職サイトに登録する。」「ハローワークに行って求人を紹介してもらう。」「希望の仕事に就く為に資格の勉強をする。」等、何でも良いです。

目標を達成するための方法を考えていくうちに、転職に必要な時間が分かってきます。

達成したい目標、その目標を叶える為の方法と必要な時間が思い描けたら、紙に書いていて下さい。

これが、マイプランです。

マイプランを作ることで、あなたのこれからするべきことが明白になります。
道を見失った時にこれを見返せば、転職活動にきっと役立つでしょう。

まとめ

転職を考えてみなさん、マイプランを作って今よりももっと自分にぴったりの職場に職して下さい。

転職に対して焦らないでも、有効求人倍率が表すように、選ばなければ仕事はあるのです。自分の納得がいくまで時間を掛けて、転職活動をしてみて下さい。

それで転職を諦めて今の職場にとどまっても大丈夫です。
転職活動を通して自分を見直す良い機会ができたのですから、人生のプラスであり、決してマイナスにはなりません。

もし、再び迷うことがあっても、その時はまたその時で新しくマイプランを作ればいいのです。

あなたの転職活動がうまく行きますように願っています。

 - 未分類

  関連記事

関連記事はありませんでした